転職先が見つけやすいからこそ情報が不可欠な薬剤師

最初に会社は過酷な労働環境でした

最初に会社は過酷な労働環境でした薬剤師専用の転職サイトなら多様な条件で探せる魅力的な条件で職場を選ぶ権利がある

大手のドラッグストアに薬剤師として就職しましたが、住宅街にあることもありお客さんがとても多い割には従業員の数が少なく、1人にかかる負担が大きい職場でした。
それでも、自分で決めて始めたことなので頑張って続けようと思い、2 年ほどそのドラッグストアで仕事を続けていましたが、状況が改善されることはなく、給与もなかなか上がらない状態で、仕事が終わって家に帰るといつもくたくたなので、自分の趣味などに割く時間もなく、このままではいけないと転職を考え始めるようになりました。
ネットなどで調べてみると、職場環境に不満を感じて転職を考える薬剤師の人は意外と多いようで自分だけでは無いのだと少しほっとしました。

しかし、転職に失敗したと言う体験談も数多く見る機会があったので、新しい職場選びは慎重にしなければならないなと感じました。
実際、最初に就職した時も、ここまで過酷な労働環境だとは思っていなかったように、求人情報や採用試験等の際の情報では、実際の勤務体系と言うのはなかなか分かりづらいものだと思います。
特に、人手が足りないような薬局やドラッグストアなどの場合は、とにかく人手が必要なので職場や待遇面での問題点には触れずに、働きやすさやメリット等を前面に打ち出していることもあると思います。